クラニオサージャリー PAGE3

 

 

ロー氏鉗子 (24cm)
K-210 K-211

Le-Fort型骨切り術に際し、骨切りされた上顎の移動を助けるために有効に利用できます。
 

 

 

下顎枝骨切術で、下顎枝後下縁の骨膜剥離を口内法で行うための器械です。
スリングストリッパー (23cm)
K-201 K-202
 

 

 

左   右
 

 

K-220 右     K-221

上顎骨起子

Le-Font型骨切りされた上顎の移動に用いる。

 

△TOP

→印刷用ページはこちら

戻る